組合について ごみ処理の流れ ごみ焼却の流れ

ごみ焼却の流れ

 
1日に約120台の車を計量機で計ります。


 
資源ごみはリサイクルプラザで処理されるんだよ。
 
1日に約180トン(燃えるごみは約160トン)のごみが運ばれてきます。

 

【粗大ごみ処理施設】
 ごみ収集車 
 粗大ごみ破砕機 
↓ ↓
ごみ計量機
30トンの重さまで計れます。
磁選機
  
↓ ↓
↓ 鉄類
プラットホーム
↓
鉄類バンカー
↓ ↓
↓   
↓ ↓
業 者
ごみピットとクレーン
クレーンは1度に最大で約2トンのごみをつかんで給じん装置に送ることができます。
↓
給じん装置
↓
焼 却 炉
ごみを燃やすときの温度は約800~950度です。
余 熱 不燃物残渣 焼却灰 排出ガス
↓ ↓ ↓ ↓
廃熱ボイラー
不燃物取出コンベア
灰固化装置
集じん装置
(バグフィルタ)
↓ ↓ ↓ ↓
蒸気タービン発電機
磁 選 機
↓
湿式有害ガス除去装置
(EDV)
 
↓ 鉄類 ↓
↓ ↓
鉄類バンカー
埋 立 地
(最終処分)
誘引送風機
↓  
↓
業 者
 
煙 突

ページの上部に戻る