組合について あいさつ・運営方針

あいさつ

管理者(蕨市長)
管理者(蕨市長)
賴髙英雄
副管理者(戸田市長)
副管理者(戸田市長)
神保国男

日常生活から排出されるごみを適正に処理することは、清潔で快適な市民生活を営むうえで、一日たりともゆるがせにできないことであります。

又、限りある資源を大切にし、環境保護を目指した循環型社会の構築が、日本のみならず国際社会においても焦眉の急となっております。このような中で蕨戸田衛生センターは蕨・戸田両市の環境行政の拠点施設として昭和34年に設立して以来、今日に至るまで順次、必要な施設整備を推進してまいりましたが、現在はもとより、次の世代にも良好な環境を引継ぐためには、「ごみの減量化」と「リサイクルの促進」は現代を担う人々にとって大事なことであります。

このことから、皆様一人ひとりにおかれましても、ごみに対するご認識を一歩でも前進させていただきたく存じます。

どうぞ今後とも、この施設が充分機能を発揮できるよう、皆様には、より一層のご理解とご協力をお願い申し上げます。

運営方針

  • ダイオキシン削減対策

    焼却施設から排出されるダイオキシン濃度は通常の生活を営む上での身体への影響はないと考えられている安全値を維持しており、今後も、現行の排出濃度の遵守を図ります。

  • 焼却量の減量化

    ダイオキシンと地球温暖化の原因をなす二酸化炭素(CO2)発生抑制の最良の方法はごみを燃やさないことです。燃やすごみの中から極力リサイクルを図ります。

  • リサイクルの促進

    限りある資源を大切にし、環境保護をめざし、循環型社会を構築するため、リサイクルの促進を図ります。

  • リサイクルの啓発

    再生工房で再生した家具等を利用していただくことにより、リサイクルの啓発を図ります。

  • 環境保護の体制づくり

    蕨戸田衛生センターでは、ISO14001を認証取得しております。今後も更なる体制づくりを図ります。

  • 開かれた運営

    情報公開条例の周知及びホームページの活用により、開かれた運営を図ります。

ページの上部に戻る