キッズコーナー

バーチャル施設見学

ごみ焼却施設 粗大ごみ処理施設

ごみ焼却施設の写真

ごみ焼却施設・粗大ごみ処理施設

燃えるごみや、粗大ごみはどのように処理されているのでしょうか。見ていきましょう。

ごみ処理の詳しい流れ

  1. ごみ計量器

    ごみ計量器

    1.ごみの重さをはかります
    集めたごみを収集車ごとにはかり、記録をします。
  2. プラットホーム

    プラットホーム

    2.ごみを運び入れます
    ごみ収集車のごみをピットに投入します。5つの投入口があります。
  3. ごみピット・クレーン

    ごみピット・クレーン

    3.ごみをためておく場所です
    プラットホームから投入されたごみをためます。810トンまでためられます。
    クレーンでピットのごみを焼却炉の入口に運びます。一度に約2tまでのごみを運べます。
  4. 給じん装置

    給じん装置

    4.ごみを砕いて焼却炉へ送ります
    2本のスクリューでごみを砕き、定量を焼却炉に運びます。
  1. 焼却炉

    焼却炉

    5.ごみを燃やす装置です
    砂の力でごみを燃やし続ける装置です。燃やすときの温度は800~950℃にもなります。同じ焼却炉が3炉あります。
  2. 廃熱ボイラー

    廃熱ボイラー

    6.熱の力で蒸気を発生させます
    ごみを燃やした熱を使い、蒸気をつくります。
  3. 蒸気タービン発電機

    蒸気タービン発電機

    7.蒸気の力で発電します
    ボイラーで作られた蒸気の力を利用して発電機を動かし電気を作ります。
    この電気で工場のほとんどの装置が動いています。
  4. 集じん装置(バグフィルタ)

    集じん装置(バグフィルタ)

    8.排ガスをきれいにします
    活性炭とバグフィルタを使い、排ガスに含まれるダイオキシンなどの有害物質をとりのぞきます。
  1. 湿式有害ガス除去装置

    湿式有害ガス除去装置

    9.電気と水の力で排ガスをさらにきれいにします
    排ガスを薬品と水と電気を使い、さらにきれいにします。EDVとも呼ばれています。
  2. 誘引送風機

    誘引送風機

    10.煙突に排ガスを送ります
    きれいになった排ガスを煙突に送ります。
  3. 煙突/排ガス濃度屋外表示盤

    煙突/排ガス濃度屋外表示盤

    11.放出する排ガスはきれいです
    排ガスは59メートルの煙突により、大気中に出します。また、排ガスの状況を表示しています。
  4. 不燃物取出コンベヤ

    不燃物取出コンベヤ

    12.不燃物を運びます
    焼却炉の下から出される不燃物などを排出します。
  1. 磁選機

    磁選機

    13.磁石の力で鉄を取り除きます
    不燃物は、ここで鉄類と小石やガラス片などに分けられます。鉄類は資源として有効利用されます。
  2. 灰固化装置

    灰固化装置

    14.セメントで灰を固めます
    灰が飛散することなどによる二次公害を防ぐためにセメントで固められ、埼玉県外の埋立地へトラックで運ばれます。
  3. 中央操作室

    中央操作室

    15.工場内設備を監視しています
    ごみを処理する設備を遠隔操作、監視します。コンピューターで自動化されています。
  4. 消臭設備

    消臭設備

    16.微生物の力で臭いを抑えます
    ごみのにおいのもとになる物質の発生を抑えるため、環境と人にやさしい微生物を利用しています。
  1. プラットホーム監視装置

    プラットホーム監視装置

    17.持ち込まれるごみをチェックします
    持ち込まれるごみをカメラで常に監視・記録しています。違法なごみの持込は許しません。
  2. 粗大ごみ受入ホッパ

    粗大ごみ受入ホッパ

    18.あつめられた粗大ごみを投入します
    粗大ごみを砕いて処理するための破砕機へ、コンベヤで運ばれます。
  3. 粗大ごみ破砕機

    粗大ごみ破砕機

    19.粗大ごみを砕いて小さくします
    中にあるスクリューで粗大ごみを砕き、小さくしたあと、燃えるもの・金属類・その他に分別します。
  4. 粗大ゴミ中央監視室

    粗大ごみ中央監視室

    20.粗大ごみの処理の様子を監視します
    カメラの映像や、制御盤で異常が無いかいつも監視しています。

キッズコーナーのトップに戻る